<< 看護師になりたい人には本当におすすめだと思います | main | 看護師の積極的な新規登用 >>
2015.02.16 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.29 Monday

    看護師の人数について

    0
      私の家族は昨年、二回の入院を経験しました。一度目は旦那の病気による入院で、二度目は娘の入院に付き添う形で私も一緒に入院しました。
      旦那が入院していた病院では、看護師の人員を増やして手厚いケアをするということに力を入れていて、看護師は頻繁に病室を訪問してくれていました。
      こちらも何でも聞きやすい状況で、病気のこと、治療のことなど質問をすることができました。
      娘と入院した方の病院では、病院の黒字化を目指すために、看護師の人員を減らして人件費を削減するという方法をとっている病院でした。
      確かにそうすることで人件費は削れるのかもしれませんが、入院している立ち場としては、看護師の数が少なく、めったに病室に来てくれない、いつもバタバタと走りまわって仕事をしているのを見ると、こちらの話を聞いてもらうことも十分にできず不安な思いをしました。
      ナースコールを押してもなかなか来てくれないなどの状況があり、安心して入院できるのとは程遠い状況でした。
      どちらの病院も看護師は自分の置かれた立場で精いっぱい仕事をしているのだと思います。
      人手不足になっているのは病院の方針で、看護師のせいではありません。
      こういった状況で、誰の得になるのかなと疑問に思いました。
      2015.02.16 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする